機動戦士ガンダムから考える物語にリアリティを持たせる方法

いきなりぶとっびなタイトルですが、まあ、たまにはコミュニケーションと全く関係のない事を書いてみたくなりました。

 

そもそもの発端はテレビで宮崎駿監督の『魔女の宅急便』を見たのがきっかけです。

とても素晴らしい物語で、思わず泣いてしまいそうになりました。

 

きれいな景色、優しい人々、主人公の成長などに見とれてしまったのですが、ふと、思ったのです。

 

「そもそも魔女はこの世にいない。13歳になったら新しい町で一人暮らしをして頑張らなければならない、というのもあくまで設定であってフィクションだ。なのになぜはちわん88はこの物語をみて”優しさに包まれて”※泣きそうになっているのか?」と思いました。

荒井由美やさしさに包まれたなら』という曲が『魔女の宅急便』のエンディングテーマソングとして使用されています。

 

どんな物語でもそうだと思うのですが、ストーリーに全然共感出来なければ、話に入り込めず、ただのつまらないお話になってしまうのだと思うのです。

見る人にとって共感出来る所があるから物語は物語として成り立つのだと思います。

一つの例として『機動戦士ガンダム』(通称ファーストガンダム)を例にあげたいと思います。

設定はフィクションだらけです。

などです。

このフィクションにリアリティを与えるのが登場人物たち”人間”です。

 

否応なく戦争に巻き込まれた人々が悩み、葛藤しながら生き延びるために戦っていく姿。

主人公の前に現れるライバル。ライバルとの闘いに命の危険に晒されながら成長していく主人公。

運命の人との出会い、別れ。

最終的に戦争は終わり、主人公たちは生き残る事ができます。

 

モビルスーツ同士の戦いは格好よくてしびれますが、あくまで人間がしっかりと描かれているからこそモビルスーツにリアリティが出るのだと思います。

 

機動戦士ガンダムの場合、「人」を丁寧に描く事でストーリーにリアリティを持たせる事に成功していますが、物語によっては人以外の所にリアリティを持たせるという事をしているものもあると思います。

 

このブログを読んでくれている読者の方が今、見ているドラマや映画、読んでいる本などで、作者はどこにリアリティを持たせようとしているか考えながらストーリーを追うのも一つの見方だと思うはちわん88でした。

 

以上です。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

コミュニケーションより大切なこと

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、随分ブログの更新が出来ていませんでした。

そうすると色々と書きたい事が出てくるものですね(笑)

なので久しぶりの更新です。

今年の目標は週1ペースくらいでいいのでブログの更新をすることです。

 

さて、当ブログではコミュニケーション能力の向上を目標としています。

 

言い方を変えるとコミュニケーション能力が上がれば、人生は劇的に生きやすくなる、というものです。

 

その考え方は間違っていないと思います。しかし最近はちわん88がコミュニケーションより大切な事があると認識させられる事があったので書いておきたいと思います。

 

早速結論ですが、コミュニケーションより大切なこと、それは『信用』です。

 

…それ、当たり前やん、と思われる方がほとんどだと思うのですが、今回はあえて記事にしてみました。

 

はちわん88は週に2回友人とランニングをしているのですが、一時期メンタルの不調でドタキャンを繰り返しました。

はちわん88的には

「調子悪いんだからしょうがない。それは友人にもちゃんと伝わっているはず。」

と勝手に解釈していました。

しかし現実にはドタキャンばかり繰り返すはちわん88に友人は相当腹を立てていたようで、二人の仲は相当険悪になってしまいました。

その時はちわん88は

「一度した約束を破るという事は自分の信用を落としていたという事なんだな。1回2回はしょうがないとしても何度も繰り返すのはルール違反なんだな。」

と身をもって感じました。

そして、今まで当たり前のようにランニング出来ていたという事は友人とはちわん88がお互いに信頼しあっていたからこそ成り立っていたんだな、という事に改めて気づかされました。

 

その後友人とのランニングはどうなったかというとなんとか続いています。

但しはちわん88も約束を守らなければという気持ちが依然より敏感になっているので、極力一度した約束は守るようにしています。

出来ない約束はしない、安易に約束しない、という事を以前より真剣に考えるようになりました。

 

さて、友人とのランニングにおいて、約束を守ることの大切さ、人間関係は信用で成り立っているという事を改めて痛感したはちわん88ですが、ランニング以外の場面においても、安請け合い、その場しのぎの約束をしている事に気づきました。

例えば、同居しているツレ(彼女)や近くに住んでいる母など、自分がメンタルの病気であることを言い訳にして、結構ドタキャンなどを繰り返していました。

 

メンタルの病気であろうと出来ない約束をしなければドタキャンすることは無いわけで、出来もしない約束をする事で自分は「信用」を失ってきたんだな、と改めて気づかされました。

 

結果として、ツレ(彼女)のはちわん88を見る目は厳しくなり、どうせこの人は口だけなんだから、というある種あきらめがあるような気がします。

 

母親に関しては「はちわん88はメンタルの病気だからしょがない。」という諦めありきのような感じで、変に期待されるのもあれですが、全く期待されないというのもそれはそれで辛いものがあります。

 

なので、今、はちわん88は約束を守ることに結構必死です。(苦笑)

 

出来ない約束はしない、一度した約束は守る。

そうする事で失った「はちわん88の信用」を取り返そうとしています。

 

そこにメンタルの病気だからという言い訳は通用しないのだ、と自分に言い聞かせています。

ちょっと今回はシビアな話になってしまいました (*´Д`)

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

形から入るか意味を知ることから入るか

昨日は亡き祖母の法事がありました。

お坊さんがお経を唱えて下さったのですが、その後少しお話をしてくれました。

 

そのお坊さんが小学生の頃、夏休みになるとお父様(お父様もお坊様をしておられました)に連れられて檀家さんの所を回っておられたそうなのですが、それがとてもイヤだったとの事です。

 

それでも嫌々ながらもお経を覚えたとの事です。

しかしお経の意味が分かるようになったのは大人になってからだそうで、

自分はお経を覚えるのに形から入りましたが、大人になってお経の意味を知る事から入る人もいるし人それぞれです、と仰られました。

 

はちわん88はこの話を聞いて、コミュニケーションも「形から入るか意味を知る事から入るか」という点では同じだなあと思いました。

 

そして、はちわん88のように中々行動に移さない(移せない)人間にとって『形から入る』って大事だよなって思いました。

 

意味は分からなくてもとりあえず行動する事が大事で、それが身について実力になれば後から意味が分かってくる事もあるよなぁ、行動する事って大事だよな、と思いました。

 

以上です。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

日本むかし話を音読する

はちわん88のように家で過ごす事が多くてあまり人と話す機会がない。

でも話をする練習がしたいという人は日本むかし話を音読するのがお薦めです。

 

例えば『おむすび ころりん』などはどうでしょうか?

 

一回10分程度で音読できるのでちょっとした空き時間に練習できます。

繰り返す事で自分の話し方が上手くなっているのを実感できます。

 

もちろん日本むかし話でなくても構いません。

自分のお気に入り一冊を音読することで、話し方の練習ができます。

ぜひお薦めします!

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

おむすび ころりん (絵本・日本むかし話)

おむすび ころりん (絵本・日本むかし話)

 

 

 

短期目標を決める

今回は次のレッスンまでに意識して取り組みたい課題を一つに絞りたいと思います。

「それは大きな声で喋る。」です。

 

正直に言ってはちわん88が対人関係で改善したい事は沢山あり過ぎます。

 

「沢山あり過ぎてなんか無理。」となっているのが今の状況なので、とりあえず一つ課題を決めてそれを確実にクリアーしていこうという作戦です。

 

そういうわけで今回の課題は

「大きい声で喋る。」です。

 

背筋を伸ばして、腹式呼吸

一ヶ月でどれくらい改善するのでしょうか?

分かりませんが改善するまで続けようと思います。

なぜなら

「大きな声で喋る。」

というのははちわん88のこうなりたい姿だからです。

 

本日も超短い投稿ですが、一行以上あるので大丈夫です・笑

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

笛吹けども踊らず

さて、一昨日はちわん88はコミュニケーションのレッスンに行って来ました。

 

コミュニケーションのレッスンとは?と思われる方も多いと思いますが、はちわん88の場合コミュニケーションに不安があるので、人とより楽に関われる方法や日々の生活を前向きに生きるための知恵などを教わりに行っています。

 

具体的には腹式呼吸や発声練習、朗読などのテクニックや心を強くするための考え方などを教わっています。

 

ここ数回ははちわん88の抱える悩みを聞いていただくという完全な「カウンセリング」をして貰っています。

 

その中で最近繰り返し言われる事が

「一日一行でもいいからブログを書かれてみては?」

アドラー心理学は良いですよ。」

というものです。

 

先生は熱心に指導してくれるのですが、肝心のはちわん88がやる気になって一日一行でもブログを書くとかアドラー心理学の本を読むとかしないと、いくらレッスンに通っても意味がないのです。

 

はちわん88が気づき、行動を起こさない限りいくら先生が頑張ってもはちわん88の問題は前進しないのです。

 

そういう訳で昨日からブログを新たな気持ちで始めました。

アドラー心理学の本も買って少しずつ読んでいます。

 

でないと一生懸命アドバイスしてくれる先生に申し訳ないような気がしてきましたので。

 

今日はここまでです。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

ブログに対するこうあるべきだという考えを止めます

はちわん88がブログを更新する時というのは、頭の中に書きたいテーマがあって、気持ちにも時間的にも余裕があるときに更新しています。

なので最近では月に2本くらいしか書けていないような気がします。

 

自分の書きたい事をなるべく満足のいくように書く。そんな事を自分がブログを書く時に求めていたような気がします。

 

これからは短くても良い、文章として不完全でも良いというスタイルでブログをしていきたいと思います。

 

ブログを始めたきっかけは「マネタイズ」つまりブログを書いてお小遣いを稼ぎたいと思っていました。

 

しかし今のはちわん88にとってブログを書くというのは「社会に参加する」「建設的な行動をする」という目的になっています。

 

短くても良い、不完全な文章でも良い、なるべく続けるという事を目標としたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。