フライトジャケットについて3

ここで少しB-15について。
画像があればいいのですが、管理人に技術がないため無しであります。

位置づけとしてはフライトジャケットの材料であるレザー不足のため開発された布地製(コットン)のフライトジャケットです。

開発された順番で言うと

B-6(革製)→B-10(コットン)→B-15(コットン)
となります。

B-15は素材がコットン、裏地にアルパカの毛が使われています。
カラーはオリーブドラブです。
襟の大きなムートン(羊の毛皮)が個性的です。
ポケットはスラッシュ(斜め)・ポケットになっており、手を入れやすいです。
袖と裾はニットです。(ニットというと暖かそうなイメージですが、実際は化学繊維を編んだのだろうか?というチープさがあります。すぐに慣れます。)

なおB-15にはB₋15a、B₋15b、B₋15c、B₋15dという進化系があるのですが、管理人が購入したのは
あくまでも最初期のB-15であります。
よって進化系については記述していません。ご了承ください。