ブログを続けるということ

 さて、はてなブログにブログを引っ越してから殆ど更新をしなくなりました。

 その理由として自分でブログ更新の難易度を上げてしまったからだとおもいます。

ブログを書くからには2000文字書かなければ意味がない。

毎日更新しなければ意味がない。

そういう強迫観念に縛られていて「無理~。」と思っていました。

 自分でハードルを上げておいてやる気を無くしてしまっていては意味がありません。

一記事2000文字、出来るだけ毎日更新する、ということは頭の片隅に持ってはいたいですが、それに縛られる事なく自分の思っている事を書いていけたらと思っています。

 さて改めてブログを書こうと思った理由ですが、結局金銭的な理由が一番大きいです。

年末から8か月ほどかけて祖母の家の片づけをしてきましたがほぼ終わりました。

今も週2回ペースで祖母の家に行ってはいますが正直やることがありません。

そろそろ他の事を探さないと...

という段階です。

普通であれば仕事をするというのが一番常識的な答えになるのだと思います。

しかしはちわん88的に病気の母と仕事を掛け持ちするような器用な事はできません。

週に一回程度のパートであってもキツイかなと思います。

そしてメンタルヘルスクリニックの主治医からも「今は仕事よりお母さんの側にいてあげて欲しい。」と言われており、今はそういう時期なのかなと思っています。

結局外に働きに行くのは難しいとなると在宅で何かできることはないかという事になります。

そして浮かんだ答えがブログが収入になればいいなーという事です。

もちろんブログを書けば即収入になるというような甘いものではないようです。

3か月、半年、1年と続けて結果、月数万円になるのか、ならないのかといったところのようです。

とても地味で毎日コツコツ続けないとダメなので正直自信はありません。

ただ、自分は無職だ、ヤバいという強烈なプレッシャーを少しマシにするという効用はあるように思います。

そして、矛盾する事なのですが、冒頭で書いた、一記事2000文字、毎日更新するという『縛り』があるとブログを書く事に対する心理的なハードルがあがります。

なので毎日というとハードルが高いので週に五日、一記事2000文字もハードルが高いので1000文字を目標に取り敢えずはやってみようと思います。

それすら少しハードル高いよなと思うのですが、仕事と思えばそれくらいやらねば、いや、続かなくてもなんのペナルティもないのだからと思い切りハードルを下げておきます.笑

コミュニケーションの先生の言葉、「一日一行でいいから続けてみられては?」という言葉を思い出します。

ハードルはそれくらい低い方が良いのかもしれません。

何とか週に五日ブログ更新を目標に頑張りたいと思います。

宜しくお願い致します。

はちわん88心の声...当ブログはコミュニケーションを研究するブログのはずなのに最近コミュニケーションについて全然書いていないような…

コミュニケーションの記事もおいおい書いていく予定です。よろしくお願い致します。

おしまい。

 

commu.hatenablog.jp

commu.hatenablog.jp

commu.hatenablog.jp