前回レッスンのおさらい

前回のレッスンでコミュニケーションの先生より「はちわん88さんはコミュニケーション能力はあります。」と衝撃的な事を言われました。

 

はちわん88が「それは常識だろう。」とか「そんなのみんな知ってるよ。」と感じる事は大半の人にとっては常識でもないし知らないことなのですよ。

だから、他の人の知らないという事を責めるのではなく、許してあげてください、と言われました。

 

そして、「はちわん88さんのようにコミュニケーション能力がある人は、自覚しなければなりません、自分の事を先生と思うのです。」と言われました。

 

「だれしもみんなと同じゾーンにいる方が楽です、でも意識を上に、ポジショニングを上にして下さい。」と言われました。

「みんなと同じゾーンにいれば、人間関係は壊れますよ。」「コミュニケーションはみんなでとるものですから、みんなで高めあっていかなければなりませんよ。独り占めしてはだめですよ。」と言われました。

 

飲食店に入って、ろくに注文も出来ないはちわん88が「コミュニケーション能力はある。」というのはにわかに信じ難いお言葉ではあります。

 

コミュニケーション能力=学問+実践

であり、はちわん88は『学問』の部分では十分に知識はあるのですが『実践』の部分が弱いという指摘を受けました。

なるほどです。

ちなみにはちわん88が指摘されたことですが、

  1. 周りにイエスマンしかいないと変われない
  2. 悪い所を指摘してくれる人がいないと変われない
  3. 色んな人との出会い、経験が足りていない
  4. 傷つかないと成長しない

と言われました。

やはり圧倒的に経験が不足しているようです。

たくさんの経験をしていく中で、自分と違う意見の人にもまれたり、結果として傷ついたりしなければ、実践の部分のコミュニケーション能力の向上はないという事でした。

はちわん88自身、実践が欠けているということについては思い当たるふしが多いにあり、勇気を出して自分からコミュニケーションを取っていかねばなと思いました。

 

『学問』の部分でのコミュニケーション能力はあるというのは素直に喜ぶべきことでしょう。

 

コミュニケーションの先生からは「はちわん88さんが高い方にいるのだから、はちわん88さんが譲る方に回って下さい。」と言われました。

例えば細い道で傘をさしている二人がすれ違うとき、一方が傘をすぼめないとすれ違えません。そのとき、傘をすぼめた方がお礼を言われます。お礼を言われた方が立場が上になり、お礼を言った方が立場が下になります。

はちわん88さんはもう、すでに先生なのだから、あなたが傘をすぼめて、お礼を言われる人になりなさい、と言われました。

 

先生というのは、上から目線になれという事ではありません、威張るという事ではありませんよと言われました。

 

上に立つものの努めとして、譲ったり、物を拾ったりしなさい。

一日一善ですよ、と言われました。

最後は道徳的なお話になってしまい、はちわん88は少し戸惑ってしまったのですが、上に立つものは下に続くものの手本とならなければいけないという事なのだと思います。

 

今日はここまでです。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。