コミュニケーションを避け続けた結果...

さて、コミュニケーションが上手になる方法を考えて色々と記事にしています。

しかし最近「コミュ障(コミュニケーションが苦手な事)」の根っこは意外と深いのではないかと思い始めました。

 

はちわん88は幼少期、ご近所さんとのコミュニケーションを避けていました。はちわん88を可愛がってくれる人もいたのですが、何かコミュニケーションが上手くいかず、気が付いた頃にはご近所さんを避けるように必死で息を殺して存在が気づかれぬようにしていた記憶があります。

今でも、実家に顔を出す時はご近所さんにバッタリ出くわしたら嫌だなと思ってビクビクしています。

 

また、親戚付き合いというのも苦手でした。

祖父母ははちわん88をとても可愛がってくれたので大好きでしたが、例えば誰かのお葬式の時などに親戚が集まる事がありますがそんな時はなるべく誰とも話さなくて済むように端っこの方にいました。

 

学校は小学校は友達もいて楽しかった記憶があるのですが、中学、高校、大学と人と仲良くなるのが苦手、仲良くなる方法が分からなくて、クラスでぽつんと浮いていました。いじめられたとかいうのはなかったですが、人と仲良くする方法がとにかく分かりませんでした。

 

クラスに馴染めなかったので部活に入りました。部活というのはみんなで一つの目標に向かうという事で仲良くなり易かったです。ただ、寂しい、友達作りが目的だったのでレギュラーになりたい、もっと上手くなりたいという気持ちはなく、当然レギュラーになる事はありませんでした。

はちわん88にとって部活とは放課後みんなで集まってワイワイやる所でした。

そこで、気の合う仲間が見つかって、その仲間とだけ楽しんでいるといった感じです。

 

なんとも寂しい人間関係です。人付き合いが苦手で、避けてきた結果、今でも人が苦手なままです。壁を乗り越えない限りいつまでたっても問題はあり続けるのです。

そして今、はちわん88は人付き合いから逃げてきた結果、自分自身の人付き合いにおける経験値が恐ろしく低いのを感じます。

普通の人がそれなりに人間関係をこなしてきた経験、そういう経験を10年、20年と積み重ねてきた経験がはちわん88にはないのです。

そういう事に気づきました。はちわん88は今、一生懸命コミュニケーションについて考えいますが、果たして、10年20年とコミュニケーションを積み重ねてきた人に追いつけるのだろうか?と考え絶望的な気持ちになります。

 

そもそもどうしてはちわん88は幼少期から人付き合いができなかったの?という事になると思うのですが、恐らく父親との仲が上手くいっていなかったのが問題だと思います。

はちわん88にとって父親とは物心ついた時より苦手な存在でした。自分を否定されたり、気分次第で機嫌が悪かったり良かったりするので顔色を窺っていなければならない存在でした。

だから幼少期からずっと父親とは諍いが絶えなかったように思います。

 

はちわん88にとって家庭とは気分が落ち着く場所安らげる場所ではなくただただ居心地の悪い、争いの場所でした。

 

家庭での成功体験がないのですから、他の人と上手く人間関係を結べないというのはもっともな話だなと、この記事を書いていて思います。

 

ただ、父親との関係が上手く行かなかったから他者とのコミュニケーションが上手くいかなかった、というのはあくまではちわん88の想像でしかないわけで、実際の所はどうか分かりません。

 

そして精神科の主治医に父親とは上手くいかなかったというと、

「子供にとって家庭というのは必ずしも居心地のいい場所ではない。むしろ最近のなんでも子供に迎合する風潮はおかしい。」

と言われてしまいました。

なので実際の所は分かりません。ただ、はちわん88の主観として、父親とは反りが合わなかったと思っています。

 

精神科の診察の場面ではよく「過去の事を言っても仕方がない。問題はこれからどうするかだ。」

と言われますが、はちわん88にしてみればこれからの事を考えるために過去を振り返る事も時には必要だと思います。

 

さて、そうやってひたすら人間関係から逃げてきたはちわん88なので、現在も正常な人間関係を築けていません。

 

ツレを例にあげます。ツレにはお母さんがいて家の近くに住んでおられます。しかし、はちわん88はお母さんから逃げて最近全く顔を合わせていません。ツレのお母さんの友達が近くにすんでおられます。しかしはちわん88は一度挨拶をしに行きましたが、その後は逃げてばかりです。

ツレにはお姉さんがおりますが、やはりはちわん88は積極的に関わっていません。

 

結局今でも、はちわん88は人間関係から逃げているのです。

それに気づいたのは恥ずかしながらごく最近です。

ツレは「はちわん88とツレ」という閉じられた関係の中に存在している訳ではなく、ツレ、ツレのお母さん、お母さんの友達、お姉さん、友達、etcというどこまでも「開かれた関係性」の中に存在していて、はちわん88との関係もその開かれた関係性の中に存在するのです。

 

はちわん88はツレと接していますが、実はツレは沢山の人の輪の中に存在する一人であって、ツレと同棲するという事はツレと関係のある人ともコミュニケーションを取っていかないといけないんだという事に気づきました。

 

人は好きな人とだけコミュニケーションを取っていれば良いのではなく、人の繋がりの中で苦手な人、嫌いな人ともコミュニケーションを取っていかないといけない場合があるのだなと気づきました。

 

今回はかなり自分の中で深く突っ込めた気がします。それも日々コミュニケーションの事を記事として書いてこれたからかなと思います。また、新たな気づきがあればどんどん記事にしていきたいと思います。

どうもありがとうございました。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。