コミュニケーションより大切なこと

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、随分ブログの更新が出来ていませんでした。

そうすると色々と書きたい事が出てくるものですね(笑)

なので久しぶりの更新です。

今年の目標は週1ペースくらいでいいのでブログの更新をすることです。

 

さて、当ブログではコミュニケーション能力の向上を目標としています。

 

言い方を変えるとコミュニケーション能力が上がれば、人生は劇的に生きやすくなる、というものです。

 

その考え方は間違っていないと思います。しかし最近はちわん88がコミュニケーションより大切な事があると認識させられる事があったので書いておきたいと思います。

 

早速結論ですが、コミュニケーションより大切なこと、それは『信用』です。

 

…それ、当たり前やん、と思われる方がほとんどだと思うのですが、今回はあえて記事にしてみました。

 

はちわん88は週に2回友人とランニングをしているのですが、一時期メンタルの不調でドタキャンを繰り返しました。

はちわん88的には

「調子悪いんだからしょうがない。それは友人にもちゃんと伝わっているはず。」

と勝手に解釈していました。

しかし現実にはドタキャンばかり繰り返すはちわん88に友人は相当腹を立てていたようで、二人の仲は相当険悪になってしまいました。

その時はちわん88は

「一度した約束を破るという事は自分の信用を落としていたという事なんだな。1回2回はしょうがないとしても何度も繰り返すのはルール違反なんだな。」

と身をもって感じました。

そして、今まで当たり前のようにランニング出来ていたという事は友人とはちわん88がお互いに信頼しあっていたからこそ成り立っていたんだな、という事に改めて気づかされました。

 

その後友人とのランニングはどうなったかというとなんとか続いています。

但しはちわん88も約束を守らなければという気持ちが依然より敏感になっているので、極力一度した約束は守るようにしています。

出来ない約束はしない、安易に約束しない、という事を以前より真剣に考えるようになりました。

 

さて、友人とのランニングにおいて、約束を守ることの大切さ、人間関係は信用で成り立っているという事を改めて痛感したはちわん88ですが、ランニング以外の場面においても、安請け合い、その場しのぎの約束をしている事に気づきました。

例えば、同居しているツレ(彼女)や近くに住んでいる母など、自分がメンタルの病気であることを言い訳にして、結構ドタキャンなどを繰り返していました。

 

メンタルの病気であろうと出来ない約束をしなければドタキャンすることは無いわけで、出来もしない約束をする事で自分は「信用」を失ってきたんだな、と改めて気づかされました。

 

結果として、ツレ(彼女)のはちわん88を見る目は厳しくなり、どうせこの人は口だけなんだから、というある種あきらめがあるような気がします。

 

母親に関しては「はちわん88はメンタルの病気だからしょがない。」という諦めありきのような感じで、変に期待されるのもあれですが、全く期待されないというのもそれはそれで辛いものがあります。

 

なので、今、はちわん88は約束を守ることに結構必死です。(苦笑)

 

出来ない約束はしない、一度した約束は守る。

そうする事で失った「はちわん88の信用」を取り返そうとしています。

 

そこにメンタルの病気だからという言い訳は通用しないのだ、と自分に言い聞かせています。

ちょっと今回はシビアな話になってしまいました (*´Д`)

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。