藤井聡太さん29連勝フィーバーで感じたこと

さて、藤井聡太さんですが、先日四段から五段に昇段されました。

一将棋ファンとしてとても喜ばしいことだと思っております。

今後ますますのご活躍をお祈りしております。

個人的には公式戦優勝、タイトル獲得が早く見たいですね。

 

さて、その藤井聡太さんですがデビューしてから無傷のまま連戦連勝で29連勝し、歴代最多連勝記録を更新しました。

 

世間的にも大いに話題になり藤井さんが連勝記録を伸ばす度にお祭り騒ぎのようになりました。

ワイドショーなどを見ていますと藤井さんが対局の日のお昼ごはんに何を食べたか、何を注文するかなど将棋と全く関係のない事で盛り上がったりしていました。

 

そのお祭り騒ぎの中で将棋ファンであるはちわん88は少し違和感を感じていました。

それは将棋ファンだけでなく、将棋に全然疎い人までもが、藤井さんの一挙手一投足に注目して社会現象にまでなっていたからです。

将棋ファンが藤井さんの連勝記録に興味を持つのは当たり前だとしても、将棋に興味のない人が藤井さんに興味を持つのはなぜだろうという疑問が湧いてきたので今回の記事を書いています。

 

早速はちわん88なりの結論ですが、

人々は珍しい物、希少な物に興味を持つのではないかというものです。

例えば、ダイヤモンドとかブランドもののカバンとか、スポーツカーなどの高級車、高級な料理、きれいな景色などなど。

簡単には手に入らない物に人は憧れを持つのではと思いました。

 

また、物だけでなく人であっても例えばプロ野球の選手、芸能人など、人より抜きんでた特別な才能を持った人を人は本能的に求めているのではないかと思います。

それは恐らく人の根源的な部分、より優れた遺伝子を後世に残したいという本能的なものがきっとあるのだろうと思いました。

将棋というゲーム自体、将棋界に興味のない人でも、

一人の非常に優れた人間としての藤井聡太さんに人々は興味を持ち、ファンになったのではないかと思うのです。

 

またまるで彗星のごとく現れた中学生が次から次へと現れる強敵を倒していく様に人々は夢を見たという側面もあるのではないかと思います。

自分自身の冴えない日常、例えば嫌な上司とか同僚などで疲れてしまった日常に、藤井さんがバッタバッタと強敵をなぎ倒していく様をみてスカっとしたというのもあると思います。

 

今回は将棋ファンであるはちわん88が、なぜ将棋自体には興味がなさそうな世間の人々が藤井聡太さんのファンになったのかについて考えてみました。

 

まあ、コミュニケーションについて考えるブログで毎度毎度全然関係のない事を書いております。ご容赦ください。

 

今回は人について知る事が出来たのではないかと思うので、ぎりセーフという事にしたいと思います笑

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。