マツダロードスターが購入しにくい理由

さて、はちわん88がマツダロードスターと出会ったのは今から20年くらい前になります。

車の好きな友人が初代ロードスターに乗っておりまして、助手席に乗せて貰いドライブに行きました。

たったそれだけの事なのですが、その時の衝撃が大きくてマツダロードスターという車がはちわん88に強烈に焼きついています。

ロードスターかっこ良いな、という思いは常にあったのですが、ほとんど車に乗らない生活を送っていたのでロードスター欲しいと思う事はありませんでした。

 

2年前に仕事を辞めて、病気の母親とあちこち車で出かけるようになり、ああ、ロードスターで出かけたらもっと楽しいだろうなあと思うようになりました。

 

そして、ネットでロードスターについて色々調べてみたのですが、ロードスター購入に至るまでにはなかなか超えるべき沢山のハードルが存在するなと思いました。

それらのハードルについて纏めてみたいと思います。

 

沢山のハードルを越えてロードスターを購入されたオーナーさんがおられるのも事実ですが、その陰でロードスター購入に至らない沢山のロードスターファンの方がおられると思います。

 

ロードスター購入が難しい理由その1

セカンドカーになってしまう。

オープンツーシーターという車の性質上荷物がほとんど積めません。はちわん88家の場合ツレに「今のコンパクトカーで十分満足している。買い替えなんてあり得ない!」と拒否られました。

はちわん88が考えても荷物が積めない車というのは色々不安な局面が考えられます。

どうしても買うというのならセカンドカーという位置づけになってしまうのかなと思いました。

趣味以外の何物でもない車を余分に1台保有する経済力のある家ってなかなかないよなと思っております。

 

 

ロードスター購入が難しい理由その2

幌車である。幌車というのはつまり防犯性が普通の車より劣るという事です。

カッターナイフで切られると一たまりもありません。そうした時に車の中の貴重品、カーナビ、ETC、車検証などが危険にさらされます。

そういうリスクがあるという事を理解していなくてはなりません。

あとタバコを幌に押し付けられる危険性もあります。

幌を交換となると15万円くらい掛かるらしいので気がきではないです。

そして幌車である弱点のもう一つが安全性です。

もしロードスターが事故で横転した場合、天井が幌なので弱いです。頭部にダメージをくらう可能性があります。

これは怖いです。対策として「ロールバー」という部品を装着すれば安全性が増すようなのでロールバーは絶対必要なのかなと思っています。

まあ、ロードスターにも幌車でないハードトップというものがありまして、心配な方はそちらを購入した方が良いと思います。

 

ロードスターという車は調べれば調べるほど尖っているというか、趣味性の強い車です。

しかし「それでも欲しい!」と思わせるだけのなにかがこの車にはあります。

晴れてロードスターのオーナーになれた人もロードスターに憧れを抱いている人にも幸多からんことをと思いつつ筆を置きたいと思います。

 

本日もお付き合いいただきありがとうございました。